【スポンサーリンク】

59得点のジョエル・エンビードがラウリ・マルカネンについた嘘とは?

59得点のジョエル・エンビードがラウリ・マルカネンについた嘘とは?

フィラデルフィア・セブンティシクサーズは現地13日に好調ユタ・ジャズを下し、今季の成績を7勝7敗とした。

この日はNBAオールスタービッグマンのジョエル・エンビードが59得点、11リバウンド、8アシスト、7ブロックショットと大暴れ。

だが、シクサーズが敗れたらエンビードの大活躍は台無しになってしまうため、エンビードは勝利のためにあらゆる手段を講じていたようだ。

ジャズのラウリ・マルカネンが第4Q残り20秒にフリースロー2本を獲得した時、エンビードはマルカネンに話しかけ、ある嘘をついたという。エンビードのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

彼にこう伝えたんだ。

「僕はこれから息子のアーサーを寝かしつけなければならない。オーバータイムは避けたいから、フリースローを外してほしい」とね。

実は嘘なんだ。

アーサーは毎晩7時半ちょうどにベッドに入っているからね。

エンビードの心理作戦が効いたのか、マルカネンはフリースローを2本ともミス。

その後エンビードは2本のフリースローを沈め、シクサーズが7点差で逃げ切った。

だが、マルカネンはもちろんエンビードの告白を知ったNBA選手たちは今後、情けを買うようなエンビードの発言を無視するに違いない。

なお、この日のエンビードのスタッツは以下の通りとなっている。

ジャズ戦
出場時間36:41
得点59
リバウンド11
アシスト8
スティール1
ブロックショット7
ターンオーバー5
FG成功率67.9%
(19/28)
3P成功率20.0%
(1/5)
フリースロー成功率83.3%
(20/24)
+/-+25

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA