【スポンサーリンク】

クリス・ブルサード「レブロン・ジェイムスはNBAチームにプレッシャーをかけるべきではない」

クリス・ブルサード「レブロン・ジェイムスはNBAチームにプレッシャーをかけるべきではない」

ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスは、息子ブロニー・ジェイムスと同じNBAチームでプレイすることを夢のひとつにしている。

ブロニー・ジェイムスは早ければ2024年のNBAドラフトに参戦する可能性があり、ブロニー・ジェイムスを指名したチームはレブロン・ジェイムスも獲得できるだろう。

そんな中、スポーツアナリストのクリス・ブルサードが苦言を呈した模様。

ブルサードによると、レブロン・ジェイムスは息子ブロニー・ジェイムスとNBAチームにプレッシャーをかけてしまっているという。ブルサードのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

彼(レブロン・ジェイムス)はすべてを手に入れた。

彼にとってベストではなく、ブロニーにとってベストであるべきだ。

彼(ブロニー・ジェイムス)を成長させ、準備させることが重要だ。

ブロニーに2年後にリーグに来るよう、大きなプレッシャーをかけてしまっている。

今の彼はワン&ダンの軌道に乗っていない。

ブロニーの準備ができる前に、レブロンにはチームに彼をドラフトするようプレッシャーをかけるようなことはしてほしくない。

なぜなら、彼のためにならないと思うからね。

自然に(NBAに)入ってくるべきだと思うんだ。

レブロン・ジェイムスはNBA史上最も偉大な選手のひとりだ。

それゆえに息子ブロニー・ジェイムスは多くのNBAファンから注目されると同時に、相当なプレッシャーにさらされるだろう。

もちろんレブロン・ジェイムスとブロニー・ジェイムスもそれを理解しているだろうが、ブロニー・ジェイムスがプレッシャーに押しつぶされないことを祈るばかりだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA