【スポンサーリンク】

ジョセフ・ツァイ「カイリー・アービングにはまだやらなければならないことがある」

ジョセフ・ツァイ「カイリー・アービングにはまだやらなければならないことがある」

ブルックリン・ネッツのオーナーを務めるジョセフ・ツァイは先日、カイリー・アービングと面会し、充実した時間を過ごしたことを明かした。

これを受け、ネッツがアービングに対する復帰条件を緩和するのではと期待したNBAファンもいるかもしれないが、ネッツが譲ることはないのかもしれない。

ツァイは現地12日に行われたロサンゼルス・クリッパーズ戦の前に、アービングの復帰について次のようにコメントしたという。fadeawayworld.netが伝えている。

彼にはまだやらなければならないことがある。

彼は人々に謝罪の意を示さなければならない。

それが重要だ。

彼は出場停止処分後しか謝罪していない。

人々はそれを見落としている。

アービングはNBA、NBPA、ネッツの組織と何度か話し合い、問題解決に取り組んでいると報じられた。

だが、ネッツが「公の場での謝罪」を復帰条件のひとつにしているのに対し、アービングはまだ対処していない。

最近はレブロン・ジェイムスやジェイレン・ブラウンなどネッツが提示した復帰条件を疑問視するNBA選手も出てきているようだが、ツァイの発言を聞く限り、ネッツが復帰条件を緩和することはなさそうだ。

なお、ネッツを指揮するジャック・ボーンHCはアービングの復帰時期についてまったく分からないとした。

(復帰時期は)僕には分からない。

(クリッパーズ戦に)出場しないことは分かっている。

そう言われた。

僕に言えるのはそれだけだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA