【スポンサーリンク】

ジョセフ・ツァイ「カイリー・アービングはヘイトの信念を持っていない」

ジョセフ・ツァイ「カイリー・アービングはヘイトの信念を持っていない」

NBAコミッショナーのアダム・シルバーは先日、カイリー・アービングと面会した。

アービングはその後、ブルックリン・ネッツ、NBA、NBPAと何度か面会し、話をしたというが、ネッツのオーナーを務めるジョセフ・ツァイはアービングに対する態度を軟化させ始めているようだ。

ツァイはアービングの家族とも面会し、理解を深めたという。ツァイのコメントをRealGMが伝えている。

クララ(ツァイの妻)と僕は昨日、カイリーとカイリーの家族に会った。

互いを理解する充実した時間を過ごした。

カイリーがユダヤ人、およびいかなるグループに対してもヘイトの信念を持っていないのは明らかだ。

ネッツとカイリーは、NBAおよびNBPAと協力し、許しと癒やし、協力のプロセスに向けて前向きに取り組んでいく。

ネッツはアービングに対し、6つの復帰条件を提示した。

復帰条件についてはレブロン・ジェイムスやNBPA副会長のジェイレン・ブラウンなどが「厳しすぎる」と指摘しているが、アービングは復帰に向けて着実にクリアしているのかもしれない。

なお、NBA選手たちに「カイリー・アービングとNBPAは反ユダヤ主義、およびその他のあらゆる形のヘイトを明確に非難する」というメッセージを送ったというNBPAは、以下のような声明をリリースした。

すべての当事者が満足する解決がすぐになされることを楽しみにしている。

カイリーの権利、すべての選手の権利は、あらゆる場面で保護されている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA