【スポンサーリンク】

バックスがグレイソン・アレンのトレードを検討か?

バックスがグレイソン・アレンのトレードを検討か?

ミルウォーキー・バックスのグレイソン・アレンは、今季も平均二桁得点を記録し、チームの勝利に貢献している。

だが、バックスは現在10勝1敗と絶好調であるにもかかわらず、NBAタイトルを取り戻すには不足していると感じているのかもしれない。

RealGMによると、バックスはアレンのトレード価値を確認するため、多くのNBAチームに接触したという。

アレンはアウトサイドシュートに定評ある選手であり、今季は3P成功率42.6%を記録している。

一方でディフェンスに問題を抱えており、ボストン・セルティックスとの昨季カンファレンス・セミファイナルではそれが露呈してしまった。

つまり、バックスは3ポイントとディフェンスを兼ね備えた選手の獲得に動くだろう。

現時点で最有力候補に挙がっているのは、フェニックス・サンズのジェイ・クラウダー。

時を同じくしてサンズもクラウダーのトレード交渉を再開させると報じられたことから、バックスとサンズが近いうちにトレード交渉を本格化させる可能性も十分ありそうだ。

なお、アレンの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数11203
平均出場時間26.822.1
平均得点10.89.5
平均リバウンド2.82.6
平均アシスト2.71.6
平均スティール0.80.6
平均ターンオーバー1.70.9
FG成功率42.2%43.3%
3P成功率42.6%39.5%
フリースロー成功率92.9%84.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA