【スポンサーリンク】

ジャズがロスターほぼ全員に対するトレードオファーを受け付ける?

ジャズがロスターほぼ全員に対するトレードオファーを受け付ける?

今季最大のサプライズの1チームだったユタ・ジャズは、現在24勝25敗でイースタン・カンファンレンス8位と、徐々に順位を落としている。

NBAプレイオフに進出する可能性は十分あるとはいえ、ジャズのフロントオフィスは短期的な成功より長期的な成功を見ているのかもしれない。

RealGMによると、ジャズはフォワードのラウリ・マルカネンとセンターのウォーカー・ケスラーを除く全員をトレード対象とし、他のNBAチームからのオファーを受け付けるという。

つまり、マイク・コンリーやジョーダン・クラークソン、マリク・ビーズリー、ルディ・ゲイ、ケリー・オリニクといった主力選手たちをトレードで放出する可能性がある。

彼らには多くのNBAチームが関心を持っていると噂されているが、ジャズはおそらくNBAドラフト指名権もしくは若手有望株を見返りとして要求するだろう。

なお、来季の契約はクラークソンとゲイがプレイヤーオプション、ビーズリーはチームオプション、コンリーとオリニクは部分保証となっている。

今年のNBAドラフトでビクター・ウェンバニャマ獲得を狙うと噂されているジャズは、シーズン後半はタンクすることになりそうだ。

なお、ジャズのロスターで今年夏にFAになる、もしくはFAになる可能性がある選手は以下の通りとなっている。

選手キャリア備考
ニッケル・アレクサンダー・ウォーカー3制限付きFA
ユドカ・アズブイケ2完全FA
マリク・ビーズリー6チームオプション
レアンドロ・ボルマロ1完全FA
ジョーダン・クラークソン8プレイヤーオプション
ルディ・ゲイ16プレイヤーオプション
テイレン・ホートン・タッカー3プレイヤーオプション
ジョニー・ジューザン0制限付きFA

【スポンサーリンク】

コメントを残す