【スポンサーリンク】

スパーズがデジョンテ・マリーをトレードした理由とは?

スパーズがデジョンテ・マリーをトレードした理由とは?

サンアントニオ・スパーズは先日のトレードでNBAオールスターガードのデジョンテ・マリーを放出した。

マリーはまだ25歳と若く、さらなる成長が期待される有望株であるため、トレードに驚いたスパーズファンは少なくないだろう。

だが、スパーズは遅かれ早かれマリーをトレードで放出していたのかもしれない。

larrybrownsports.comによると、マリーのエージェントを務めるクラッチスポーツ社のリッチ・ポールは、マリーが延長契約を結ぶことはないことをスパーズに伝えたため、スパーズはマリーのトレードを決断したという。

マリーは2019年にスパーズと4年6400万ドルの契約を結んだ。

この夏にスパーズと3年7500ドル相当の延長契約を結ぶことができるが、マリーにその意思はないため、見返りが期待できる今がトレードに最適なタイミングだったのかもしれない。

なお、マリーはスパーズに対して悪い感情は持っておらず、個人的な考えで他チームへの移籍を希望したと報じられている。

マリーの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2021-22NBAキャリア
出場試合数68320
平均出場時間34.825.8
平均得点21.1
(キャリアハイ)
12.5
平均リバウンド8.3
(キャリアハイ)
6.0
平均アシスト9.2
(キャリアハイ)
4.8
平均スティール2.0
(キャリアハイ)
1.4
平均ターンオーバー2.61.9
FG成功率46.2%
(キャリアハイタイ)
45.5%
3P成功率32.7%33.0%
フリースロー成功率79.4%77.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA