【スポンサーリンク】

カイリー・アービングが利き手を右手にスイッチした理由とは?

カイリー・アービングが利き手を右手にスイッチした理由とは?

ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングは、NBA史上最も高いスキルを持つポイントガードのひとりと評価されている。

その理由のひとつは両手を起用に使いこなせることにあるが、アービングによると、本来は左利きだったものの、小さい頃に無理やり右利きに矯正されたという。

アービングは当時を振り返り、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

カトリックの学校は、僕を左利きのままでいさせてくれなかった。

僕は絶対に左利きだった。

左手で字を書くと、手を叩かれたんだ。

昔のことさ。

96年のことだ。

(左手でボールを扱うことは)自然だと感じる。

僕の右脳と左脳は解放されているのさ。

僕に言わせるとね。

アービングは1992年生まれだ。

つまり、アービングが右利きに矯正された時はまだ4歳だった。

アービングによると、幼い頃に右利きに矯正されたものの、今も右手と左手で同じように文字を書くことができるという。

アービングのようなバスケットボール選手になりたい子どもたちは、今から利き手と逆の手をうまく使えるようにトレーニングすると良いのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA