【スポンサーリンク】

ドワイト・ハワードがマジックにトレードを要求した理由を明かす

ドワイト・ハワードがマジックにトレードを要求した理由を明かす

2004年のNBAドラフト1位でオーランド・マジックに入団したドワイト・ハワードは、NBAを代表するビッグマンのひとりに成長した。

多くのマジックファンはハワードがマジック一筋のNBAキャリアを送り、いずれはNBAタイトルをもたらすと期待していただろう。

だが、ハワードは2012年にトレードを要求し、コービー・ブライアント率いるロサンゼルス・レイカーズに移籍した。

ハワードの突如のトレード要求は”ドワイト・メア”と伝えられ、その結果ハワードは強烈にバッシングされることになったわけだが、ハワードがトレードを要求した理由を明かした模様。

ハワードによると、マジックに悪い感情があったわけではなく、ただ人生を変えるタイミングだったという。ハワードのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

オーランドにいた時、僕はトレードを要求した。

密室での会話だった。

僕は誰にも何も言わなかった。

GMにだけ伝えた。

気が付けば、世界中に拡散していたんだ。

あの場所は僕にとって快適すぎた。

人生に何か変化を加えなければならないと感じていた。

人々は「ドワイト・ハワードは(マジックを)離れたがっている」と誤解していたと思う。

あの場所は僕史上最もお気に入りのひとつさ。

ハワードは当時、指揮官のスタン・バン・ガンディの解雇を望んでいると報じられた。

だが、ハワードによると、それも誤解であり、説明するタイミングを逃してしまったという。

マジックを離れた後は怪我とも戦い、マジック時代のような輝きを取り戻すことができなかったハワード。

マジックのファンはハワードの言葉を受け入れ、ハワードが凱旋する機会があれば両手を広げて歓迎するに違いない。

なお、ハワードのマジック時代とそれ以降のNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

マジック時代レイカーズ以降
出場試合数621621
平均出場時間36.227.4
平均得点18.413.0
平均リバウンド13.010.6
平均アシスト1.01.2
平均スティール1.00.7
平均ブロックショット2.21.4
平均ターンオーバー3.12.2
FG成功率57.7%60.0%
3P成功率3.0%30.0%
フリースロー成功率58.8%53.5%

【スポンサーリンク】

コメントを残す