【スポンサーリンク】

ケンドリック・パーキンス「ルカ・ドンチッチをMVP議論に入れるべきではない」

ケンドリック・パーキンス「ルカ・ドンチッチをMVP議論に入れるべきではない」

ダラス・マーベリックスのNBAオールスター、ルカ・ドンチッチは今季、平均33.5得点、FG成功率50.5%と圧倒的なパフォーマンスを見せている。

現地11月29日に行われた昨季NBA王者ゴールデンステイト・ウォリアーズ戦では41得点、12リバウンド、12アシスト、4スティールを記録し、マブスを勝利に導いたドンチッチ。

「今季のMVPはドンチッチ」と期待しているマブスファンは多いだろうが、元NBA選手のケンドリック・パーキンスはそう考えていないようだ。

パーキンスによると、マブスが今の成績にとどまっている限り、ドンチッチをMVP議論に加えるべきではないという。パーキンスのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

(MVP議論に加えるためには)個人として素晴らしい数字を残すだけでなく、所属チームが勝利していなければならない。

所属チームが勝率5割で9位、10位にとどまっていてはダメだ。

君たちは彼(ドンチッチ)がMVP議論に加わることを期待している。

それはあり得ない。

ルカは彼がやるべきことをやっているが、チームが成功を収め、上位にいなければならないんだ。

NBAの歴史を振り返ってみると、MVPを受賞した選手たちは上位のチームに所属している。

マブスは現在10勝10敗でウェスタン・カンファレンス9位。

もしマブスがこの順位でレギュラーシーズンを終えれば、ドンチッチのMVP受賞は難しいだろう。

だが、マブスが上位で終えることができれば、パーキンスもドンチッチの偉大さを認め、MVPに推すに違いない。

なお、ドンチッチの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数19283
平均出場時間37.434.1
平均得点33.526.8
平均リバウンド8.88.6
平均アシスト8.68.0
平均スティール1.81.1
平均ターンオーバー3.64.1
FG成功率50.5%46.1%
3P成功率31.5%33.6%
フリースロー成功率72.3%73.6%

【スポンサーリンク】

コメントを残す