【スポンサーリンク】

クリス・ダン 膝内側側副靱帯損傷で今季全休か?

シカゴ・ブルズのクリス・ダンは先月末に膝を負傷し、離脱した。

ブルズは現地4日、2週間以内に詳細を発表するとしていたが、発表はまだなされていない。

NBC Sportsによると、ダンは膝内側側副靱帯を損傷し、今季の残りを全休する可能性があるという。

ダンは先月末のブルックリン・ネッツ戦でチームメイトのサディアス・ヤングと衝突し、膝を負傷した。

ブルズは現在、19勝36敗と大きく負け越しているものの、イースタン・カンファレンス8位オーランド・マジックとのゲーム差は5。

まだプレイオフ進出のチャンスは残されているだけに、ダンの全休は大きな痛手となりそうだ。

なお、今季のダンは51試合に出場し、平均24.9分のプレイで7.3得点、3.6リバウンド、3.4アシスト、2.0スティール、FG成功率44.4%(キャリアハイ)、3P成功率25.9%(キャリアワースト)を記録。

キャリアを通してミネソタ・ティンバーウルブズとブルズでレギュラーシーズン通算227試合に出場し、平均24.3分のプレイで8.3得点、3.3リバウンド、4.2アシスト、1.5スティール、FG成功率42.2%、3P成功率30.6%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA