【スポンサーリンク】

チャールズ・バークレー「レブロンにポイントガードをさせるべきじゃない」

チャールズ・バークレー「レブロンにポイントガードをさせるべきじゃない」

ロサンゼルス・レイカーズのフランク・ボーゲルHCは、先発ポイントガードにレブロン・ジェイムスを起用している。

ベテランポイントガードのラジョン・ロンドが離脱中ということもあり、ジェイムスをポイントガードのポジションで先発起用しているのかもしれないが、チャールズ・バークレーはジェイムスの年齢を問題視しているようだ。

ロサンゼルス・クリッパーズ戦を見たバークレーによると、年令を重ねたジェイムスはよりアップテンポなゲームができなくなっているという。バークレーのコメントをusatoday.comが伝えている。

「1試合にオーバーリアクションするつもりはない。ただ、レイカーズはレブロンにポイントガードをさせるべきじゃないと強く思う。彼らはもっと速いペースでプレイしなきゃいけない。彼の年齢ではそれができないんだ。他の男たちを巻き込むため、テンポを上げる方法を見つけなきゃいけない」

ボーゲルHCは今季2戦目もジェイムスをポイントガードのポジションで起用。

ロンド復帰後にどう変わるかは未定だが、ジェイムスにボールを持たせるオフェンスはこれからも続きそうだ。

なお、バークレーは今季のウェスタン・カンファレンスについて、自身がNBAに関係してから「最も面白くなる」としている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA