【スポンサーリンク】

デリック・ジョーンズJr「僕はダーティープレイヤーではない」

デリック・ジョーンズJr「僕はダーティープレイヤーではない」

シカゴ・ブルズのデリック・ジョーンズJrは、現地4日に行われた昨季NBA王者ミルウォーキー・バックスとの試合中にフレイグラントファウルをコールされた。

バックスのグレイソン・アレンに対し、危険とみなされるファウルを仕掛けたためだ。

https://twitter.com/MarcusD3/status/1499939419184418827

アレンは前回の対戦でアレックス・カルーソにハードファウルを仕掛け、その結果カルーソが右手首骨折で長期離脱を強いられた。

そのため、ジョーンズJrの行為はアレンに対するリベンジとして見られている。

だが、ジョーンズJrによると、アレンに対するファウルは故意ではなかったという。ジョーンズJrのコメントをESPNが伝えている。

僕はダーティープレイヤーではない。

正直に話すが、僕はあの場所にいたすべてのレフェリーと話をした。

あれがフレイグラントだとは思っていなかった。

彼ら(レフェリー)は僕に「君は彼の頭を打った」と言った。

だが、僕はそう感じることさえなかった。

彼がただ僕の腰にぶつかって倒れただけだ。

僕が感じたのはそれだけさ。

ブルズファンはこの日を待ち構えていたのか、試合を通してアレンにブーイングを浴びせ続けた。

https://twitter.com/MarcusD3/status/1499908209934491652

ジョーンズJrが故意にやったか否かは本人のみ知るところだが、ブルズファンにとっては彼らが望んでいた瞬間だったに違いない。

なお、この日の試合はアウェイのバックスが勝利した。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ダーティかは知らんがアレン以下な選手ではある

*

CAPTCHA