【スポンサーリンク】

ジェイレン・ブラウン「映像で学んだことをコートで見せたい」

ジェイレン・ブラウン「映像で学んだことをコートで見せたい」

ボストン・セルティックスのNBAオールスター、ジェイレン・ブラウンは、今年5月に左手首の舟状月状骨間靱帯を断裂し、NBAプレイオフに出場することができなかった。

ブラウンによると手術は初めての経験であり、なかなか回復しない状況にイライラしたというが、その間に他のNBA選手の映像をチェックし、自身のプレイに取り入れるべく学んでいたという。

ブラウンは手術後の過ごし方を振り返り、次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

何人かの選手を(映像で)チェックした。

特にプレイメイキングがうまい選手の映像をね。

だから、試合に出場し、学んだすべてを見せられることを楽しみにしているよ。

セルティックスにはボールを繋げることができる選手が少なく、ボールムーブメントの改善が課題となっている。

もしブラウンがプレイメイカーとして成長することができれば、セルティックスの戦力は飛躍的に高まるだろう。

辛い時間を乗り越え、プレイメイキング能力を身につけたブラウンのパフォーマンスを楽しみにしたいところだ。

なお、ブラウンの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数58337
平均出場時間34.527.7
平均得点24.7
(キャリアハイ)
15.1
平均リバウンド6.04.7
平均アシスト3.4
(キャリアハイ)
1.8
平均スティール1.2
(キャリアハイ)
0.9
平均ターンオーバー2.71.7
FG成功率48.4%
(キャリアハイ)
47.3%
3P成功率39.7%
(キャリアハイ)
37.8%
フリースロー成功率76.4%
(キャリアハイ)
69.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA