【スポンサーリンク】

メッタ・ワールドピース「アンドリュー・バイナムはレイカーズ史上トップセンター」

名門ロサンゼルス・レイカーズは数々の名センタープレイヤーを排出してきた。

直近で思い浮かぶのは、シャキール・オニールとアンドリュー・バイナムだろう。

過去に遡るとウィルト・チェンバレンやカリーム・アブドゥル・ジャバーというNBA史に残るセンタープレイヤーもいるが、元レイカーズのメッタ・ワールドピースによると、レイカーズ史上最も偉大なセンタープレイヤーはバイナムだという。

ワールドピースはバイナムとチームメイトとしてプレイし、レイカーズで一時代を築いた。

レイカーズの歴史を振り返るとバイナムがトップセンターであるとは言い難いが、隣でプレイしたワールドピースはバイナムの偉大さをひしひしと感じていたのだろう。

トレードでレイカーズを離れた後は膝の故障や素行の悪さが目立ち、低迷してしまったバイナム。

まだ32歳という若さであるが、今頃どこで何をしているだろうか。

なお、バイナムのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

キャリアスタッツ
出場試合数418
平均出場時間25.6
平均得点11.5
平均リバウンド7.7
平均アシスト1.2
平均スティール0.3
平均ブロックショット1.6
平均ターンオーバー1.5
FG成功率55.6%
3P成功率11.1%
フリースロー成功率69.0%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    one of です。

*

CAPTCHA