【スポンサーリンク】

ブランドン・イングラム「レイカーズでの経験が役立っている」

ブランドン・イングラム「レイカーズでの経験が役立っている」

2016年のNBAドラフト2位でロサンゼルス・レイカーズに入団したブランドン・イングラムには、レイカーズを再建に導く選手に成長することが期待されていた。

中にはNBAレジェンドであるコービー・ブライアントと比較する声もあり、当時のイングラムには相当なプレッシャーがかかっていたことだろう。

その時の経験はイングラムの糧となっているのかもしれない。

イングラムはレイカーズ時代を振り返り、次のようにコメント。the Orange Country Registerが伝えている。

(注目されることへの対処は)いつだって簡単さ。

ただ、レイカーズで経験してきたから、今のほうが簡単だ。

メディアの対応などを経験してきたからね。

以前も簡単だったよ。

だが、今はすべてを遮断すればいいし、はるかに簡単になった。

愛があるから言われるのだと思う。

もしひどい評価やネガティブな評価だったとしても、それに対処し、より良くなることができるんだ。

良い評価だったら、僕は彼らに感謝する。

彼らはバスケットボールを理解し、僕という人間を理解し、僕がもっと良くなるということを分かってくれているからね。

つまり、どちらにしても愛から来ているのさ。

僕は今でもレイカーズファンに愛を持っているし、デュークファンに愛を持っているよ。

昨年夏のトレードでレイカーズを離れ、ニューオーリンズ・ペリカンズに移籍したイングラム。

今季はオールスタープレイヤーに成長し、ますますのステップアップが期待されるが、レイカーズを後悔させるようなスーパースターに化けてもらいたい。

なお、イングラムは今季終了後に制限付きFAになる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA