【スポンサーリンク】

デリック・ローズが最年少MVPについて「FIBAがきっかけ」

ベテランガードのデリック・ローズはシカゴ・ブルズでプレイした2010-11シーズン、22歳という若さでMVPを受賞した。

これは最年少記録であり、一躍NBAを代表するスーパースターになったローズだが、チームUSAでの経験がローズの飛躍に大きな影響を与えていたのかもしれない。

ローズによると、チームUSAの一員として出場した2010年のFIBAバスケットボール世界選手権(現バスケットボールワールドカップ)を踏み台とし、成長できたという。

ローズは当時を振り返り、次のようにコメント。Bleacher Reportが伝えている。

僕にとっては間違いなく(FIBAバスケットボール世界選手権が)きっかけとなった。

シカゴでやっていたのと同じようにプレイできたが、ベストプレイヤーたちがチームメイトだったんだ。

僕の仕事は簡単だったよ。

当時のチームUSAにはケビン・デュラントやステフィン・カリー、ラッセル・ウェストブルックなど今もNBAで活躍しているスーパースターたちが揃っており、圧倒的な強さで金メダルを獲得。

スコアリングで大きな力を発揮したのはデュラントだったが、ローズは偉大なチームメイトたちから多くを学び、MVPシーズンに生かしたのだろう。

偉大なプレイヤーになりたいのであれば、偉大なプレイヤーたちと共にプレイすることも重要な要素のひとつなのかもしれない。

なお、当時のチームUSAには以下の選手が所属していた。

選手名当時の年齢当時の所属チーム
アンドレ・イグダーラ26フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
ダニー・グレンジャー27インディアナ・ペイサーズ
タイソン・チャンドラー27ダラス・マーベリックス
ラマー・オドム30ロサンゼルス・レイカーズ
チャウンシー・ビラップス33デンバー・ナゲッツ
ルディ・ゲイ24メンフィス・グリズリーズ
ケビン・デュラント21オクラホマシティ・サンダー
ラッセル・ウェストブルック21オクラホマシティ・サンダー
エリック・ゴードン21ロサンゼルス・クリッパーズ
デリック・ローズ21シカゴ・ブルズ
ケビン・ラブ22ミネソタ・ティンバーウルブズ
ステフィン・カリー22ゴールデンステイト・ウォリアーズ

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA