【スポンサーリンク】

NBA役員はブラッドリー・ビールのトレードを主張?

ワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビールにはトレードの噂が浮上している。

だが、ビールのエージェントに続き、ウィザーズも「ビールを手放すつもりはない」とトレードの噂を否定。

ビールのトレードの噂はこれで収束するかに思われたが、NBAの役員たちは異なる見方をしているようだ。

NBA Centralによると、NBAの役員たちの中にはビールをトレードで可能な限り早く放出し、若手とドラフト指名権を獲得すべきと考えている者がいるという。

少なくとも今年のオフシーズン中にウィザーズがビールを放出することはないだろう。

来季はジョン・ウォールは復帰する見込みであり、ウォールとビールのコンビと周囲を固めるチームメイトたちとのケミストリーを確認すると見られている。

だが、もしケミストリーが構築できないようなら、再びトレードの噂が浮上することになりそうだ。

なお、ビールのトレードを主張しているNBA役員たちはビールとウォールのコンビに将来性がなく、チームとして早めに若返るべきだと考えていると見られる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA