【スポンサーリンク】

ビクター・オラディポが今季全休を決断

今季は13試合の出場にとどまっているインディアナ・ペイサーズのビクター・オラディポが、オーランドに向かわない決断を下した模様。

オラディポによると、リハビリが完全に終わっていないこと、またオーランドでのシーズン再開に健康上のリスクを感じており、残りのシーズンを全休することにしたという。

オラディポは自身について次のようにコメント。RealGMが伝えている。

リハビリはすごく順調だし、100%に近づいてきていると思う。

5on5の仕事量を増やさなければならないし、軟部組織損傷のリスクが高まることでリハビリが遅れてしまう可能性があるし、隔離計画については未知のことが多い。

つまり、完全に快適な状況でプレイできない。

僕はスマートにならなければならないし、簡単な決断ではなかった。

だが、今やっていることを続け、2020-21シーズンのために完全に健康になることが自分にとって正しい決断だと信じている。

オラディポによると、シーズン中断中は理学療法士の指示に従い、トレーニングに励んでいるという。

オラディポの契約は来季が最終年。

ここ最近はトレードの噂が聞こえてきているが、来季はオールスターレベルのプレイヤーであることを証明したいところだ。

なお、オラディポのスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツキャリアスタッツ
出場試合数13415
平均出場時間25.933.0
平均得点13.817.4
平均リバウンド3.24.6
平均アシスト3.03.9
平均スティール0.81.7
平均ターンオーバー2.22.6
FG成功率39.1%44.1%
3P成功率30.4%35.0%
フリースロー成功率78.0%79.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA