【スポンサーリンク】

シャキール・オニールが「破壊する」発言のドレイモンド・グリーンに反撃

シャキール・オニールが「破壊する」発言のドレイモンド・グリーンに反撃

ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは先日、「今の時代にシャキール・オニールがいれば、自分とステフィン・カリーのピック&ロールで彼を破壊するだろう」と強気の発言をした。

NBAレジェンドであり、インサイドで無類の支配力を発揮したオニールがこれに黙っているはずもない。

オニールによると、ウォリアーズは2000年代初期のロサンゼルス・レイカーズにまったく歯が立たないという。

オニールはグリーンの発言を受け、次のように反応。thescore.comが伝えている。

OK、今の時代で考えよう。

ドレイモンドはゲームにいられなくなるだろうね。

なぜなら、すぐに3ファウルするからだ。

さて、我々の時代で考えよう。

我々を相手に(ウォリアーズは)プレイすることさえできないだろう。

なぜなら、彼らは(ウェスタ・カンファレンス)第6もしくは第7シードだからだ。

レイカーズがいるし、サンアントニオがいるし、サクラメントがいるし、ユタがいるし、ポートランドがいる。

相手にもならなかっただろうね。

オニールによると、レイカーズはステフィン・カリーにダブルチームでトラップを仕掛け、もしかいくぐられたとしてもわざとドライブさせ、リム周辺で待ち構えるという。

グリーンに対しては「君は小さすぎる」とし、相手にもならないと主張するオニール。

この一件をきっかけに、グリーンはチャールズ・バークレーだけでなく、TNTでバークレーと共に働くオニールも敵に回してしまったかもしれない。

【スポンサーリンク】

コメントを残す