【スポンサーリンク】

シャキール・オニールがドレイモンド・グリーンに再び反撃

ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは先日、シャキール・オニール擁するロサンゼルス・レイカーズが今の時代にいたら「ステフィン・カリーのピック&ロールで彼を破壊するだろう」と強気の発言をした。

もちろんオニールが黙っているわけもなく、すぐさま反撃。

「ドレイモンドはゲームにいられなくなるだろうね。なぜなら、すぐに3ファウルするからだ」などと応酬した。

そのオニールがこの件について再び言及した模様。

オニールは自身の発言について次のように説明。USA TODAYが伝えている。

ドレイモンドのことは好きだよ。

私は自分の意見を言える人たちが好きなんだ。

私は個人攻撃をしないよう心がけている。

彼のことは好きだし、彼のプレイも好きだ。

彼の指摘には耳を貸さなければならない。

彼はキーポイントを指摘したよね。

彼は「彼らの時代」と言ったのであって、我々の時代とは言っていない。

我々の時代では、ウォリアーズは第6もしくは第7シード。

我々がいたし、サンアントニオがいたし、ユタ・ジャズがいたし、ポートランドがいたし、(サクラメント・キングスには)ホワイトチョコレート(ジェイソン・ウィリアムス)とクリス・ウェバーがいたんだ。

もう一度言おう。

あれは彼の意見だ。

私は誰かの意見に個人攻撃を仕掛けないようにしている。

ただ、ミスター・ドレイモンド、君が言ったように、私は君をボコボコにするだろう。

もしコービー・ブライアントとオニールがピック&ロールを仕掛けてきた場合、グリーンはどうオニールを封じるのだろうか?

オニールによると、グリーンはすぐに3ファウルし、コートにいられなくなるというが、圧倒的なフィジカルを武器にしたオニールをどうやって止めるのか、その具体的な手法を知りたいところだ。

オニールとチャールズ・バークレーを敵に回したグリーンには、ますます辛口評価が付くことになるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA