【スポンサーリンク】

ビッグフェイスコーヒーのライバル「リトルフェイスコーヒー」を運営するのはヒートのメンバー?

マイアミ・ヒートのジミー・バトラーは、ホテルの一室でコーヒーショップ「ビッグフェイスコーヒー」を運営している。

コーヒービジネスを展開することを目標のひとつにしているバトラーは、「バブル内にコーヒーを買う他の選択肢がない」とし、自ら淹れるコーヒーを1杯20ドルという強気の価格で売り出しているが、先日は「30ドルに値上げするかもしれない」と1000円以上の値上げを示唆。

これを受け、謎のコーヒーショップ「リトルフェイスコーヒー」がライバルとして突如現れた。

リトルフェイスコーヒーは最初の1杯は無料、2杯目以降は5ドルという良心的な価格設定となっており、注目を集めている。

実はこのリトルフェイスコーヒーを運営しているのは、まさかのヒートのメンバーだったようだ。

ESPNによると、「バトラーのコーヒーは数百万ドルの契約を結んでいないチームのスタッフにとっては高すぎる」とし、ヒートのアシスタントアスレチックトレーナーを務めるブランドン・ギリアムがリトルフェイスコーヒーをオープンしたという。

私の大好きなビデオコーディネーターは貧しく、(ビッグフェイスコーヒーで)買う余裕がない。

彼は夜を通してあらゆる映像を解析している。

私は彼に元気を出してもらいたいんだ。

ジミーにはこう伝えたよ。

「君のところはサービス料が高い。モカチーノとフラペ・ラテも提供しているんだろ?私のところはブラックコーヒーだけだ。だから、私の小さな世界をそこに置かせてくれ」とね。

バトラーのビッグフェイスコーヒーは、ラテやアメリカーノ、モカ、カプチーノ、エスプレッソ、マキアートなど9種類のコーヒーを提供。

チームメイトのゴーラン・ドラギッチはカプチーノ、ウドニス・ハスレムはエスプレッソを好んで飲んでいるという。

ギリアムはバトラーに内緒でリトルフェイスコーヒーを始めたというが、バブル内のコーヒーバトルを制すのは果たしてどちらだろうか?

なお、バトラーはリトルフェイスコーヒーの存在を知った時、こう話していた。

リトルフェイスコーヒーには誰も行かないよ。

ビッグフェイスであることが重要なんだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA