【スポンサーリンク】

ウォリアーズがマイルズ・ターナーのトレード獲得を狙う?

NBAタイトル奪還を目指すゴールデンステイト・ウォリアーズは、このオフシーズン中にロスターを補強すると見られている。

ウォリアーズが最優先すると予想されるのは、インサイドでプレイできるビッグマンの獲得だ。

ウェスタン・カンファレンスにはアンソニー・デイビスがいるロサンゼルス・レイカーズやニコラ・ヨキッチがいるデンバー・ナゲッツなどインサイドが強いチームがあるため、NBAタイトル奪還にはインサイドの補強が不可欠だろう。

そんな中、あるトレード案が浮上した模様。

fadeawayworld.netによると、ウォリアーズは3チーム間トレードでマイルズ・ターナーを獲得すべきだという。

このトレード計画で提案されているのは、ウォリアーズがインディアナ・ペイサーズからマイルズ・ターナー、アトランタ・ホークスからNBAドラフト6位指名権を、ホークスがウォリアーズからアンドリュー・ウィギンスとミネソタ・ティンバーウルブズ経由の2021年ドラフト1巡目指名権を、ペイサーズがウォリアーズからドラフト2位指名権を獲得するというものだ。

ターナーはインサイドのディフェンスに定評があり、またアウトサイドショットも撃てるビッグマンであるため、ウォリアーズにとって大きなオプションとなるだろう。

なお、ウォリアーズは今年のNBAドラフト2位指名権でビッグマンのアンソニー・エドワーズを獲得すると噂されているが、指名権をトレードで放出し、すでにNBAで活躍している選手のトレード獲得を重視しているとも噂されている。

果たしてこのトレードは成立するのだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA