【スポンサーリンク】

NBAチャンピオン7度のロバート・オーリー「僕はリスペクトされていない」

NBAチャンピオン7度のロバート・オーリー「僕はリスペクトされていない」

先日のスーパーボウルで現役レジェンドのトム・ブレイディがキャリア7度目のタイトルを獲得した。

これを受け、NBAキャリアを通して7度チャンピオンに輝いたロバート・オーリーを揶揄するファンが出てきている。

オーリーはヒューストン・ロケッツ、サンアントニオ・スパーズ、ロサンゼルス・レイカーズでNBAチャンピオンに輝いた実績を持つものの、コービー・ブライアントやレブロン・ジェイムスのようなNBAスターではなかった。

それゆえにオーリーの実績は忘れられがちだが、オーリーによると、人々からもっとリスペクトされるべきだという。オーリーのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

半分以上の時間において、僕は人々に軽視されているように感じる。

なぜなら、人々は僕が成し遂げたことを本当に評価していないからね。

僕が「NBA」と言う時、それはコーチや選手を指す。

人々は僕が成し遂げたことを本当にリスペクトしていないし、僕がやったことや達成したことを理解していない。

人々はいつもこう言う。

「彼は歯車だ。彼は歯車だ」とね。

ああ、僕は歯車だった。

だが、重要な歯車だったんだ。

クールエイドを砂糖なしで飲めないよね。

僕は砂糖だったのさ。

オーリーはクラッチタイムで無類の勝負強さを発揮し、所属するチームを何度も救ってきた。

だが、ブライアントやジェイムス、マイケル・ジョーダンのように彼の偉大さが語られることはほとんどない。

それでも記録に残るNBAプレイヤーであることは間違いなく、知る人の記憶には永遠に残り続けるだろう。

なお、オーリーのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリア
所属チームヒューストン・ロケッツ
フェニックス・サンズ
ロサンゼルス・レイカーズ
サンアントニオ・スパーズ
出場試合数1107
平均出場時間24.5
平均得点7.0
平均リバウンド4.8
平均アシスト2.1
平均スティール1.0
平均ブロックショット0.9
平均ターンオーバー1.2
FG成功率42.5%
3P成功率34.1%
フリースロー成功率72.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA