【スポンサーリンク】

チャールズ・バークレーが巨躯の男たちを退けた方法とは?

NBAレジェンドのチャールズ・バークレーは、力強いパフォーマンスでディフェンダーたちを倒してきた。

だが、格闘技やストリートファイトを得意としていたわけではない。

筋骨隆々の男たちに迫られたら、さすがにビビってしまうだろう。

バークレーによると、1991年にミルウォーキーを訪ねた際、3人の筋骨隆々の男たちから喧嘩を申し込まれたという。

バークレーは当時を振り返り、次のようにコメント。nypost.comが伝えている。

私は服を脱ぎ始めた。

ジャケットを脱ぎ、大きなコートを着た。

シャツを脱いだ。

靴と靴下を脱いだ。

私がクレイジーな人間であるということを見せなければならなかったんだ。

そして「(映画ベスト・キッドの)ワックスかける!ワックスとる!」さ。

バークレーによると、3人のうち2人はバークレーをクレイジーな人間と思い込んで後ずさりしたものの、1人は向かってこようとしたため、全力で殴って鼻を骨折させたという。

その後、バークレーは数時間を刑務所で過ごすことになったが、無罪放免となった。

窮地を切り抜けるためには、バークレーがしたようにブラフも必要なのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA