【スポンサーリンク】

ドック・リバースHC「ジェイムス・ハーデンはスコアリングがあるマジック・ジョンソン」

ドック・リバースHC「ジェイムス・ハーデンはスコアリングがあるマジック・ジョンソン」

NBAオールスターガードのジェイムス・ハーデンには、相棒ジョエル・エンビードとともにシクサーズをNBAチャンピオンに導く働きが期待されている。

昨季は十分なパフォーマンスを見せることができなかったものの、この夏は例年より早くトレーニングを開始し、今季に向けて準備してきたハーデン。

シクサーズを指揮するドック・リバースHCも、ハーデンに高い期待を寄せているようだ。

リバースHCによると、今季のハーデンは「スコアリングがあるマジック・ジョンソン」のようなパフォーマンスを見せるという。

リバースHCはハーデンについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

ジェイムスが優れたパサーであることは分かっていた。

君たちも分かっていたよね。

だが、彼は素晴らしいスコアラーでもある。

君たちは彼の能力とプレイメイクを見ていなかった。

僕はまずこう思ったんだ。

「僕たちにはポイントガードがいない。この男はスコアリングポイントガードになれる。僕は彼のことをスコアリングがあるマジック・ジョンソンと呼ぼう」とね。

彼にスコアリングを加えるのが重要なんだ。

ただ、簡単なことではない。

ヒューストン・ロケッツ時代のハーデンはスコアリングを主な役割としていた。

2018-19シーズンには平均36.1得点を記録するなど、NBAトップクラスのスコアラーであることを証明したハーデンだが、ブルックリン・ネッツにはNBA屈指のスコアラーであるケビン・デュラントとカイリー・アービングがいるため、ハーデンは主にプレイメイクの役割を担うようになった。

昨季は2011-12シーズン以来となる低い平均得点(22.0得点)にとどまったハーデン。

果たして今季はMVPシーズンのようなスコアリングでシクサーズを牽引し、「スコアリングがあるマジック・ジョンソン」の称号を確固たるものにできるだろうか?

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ハーデンを貶すつもりはないけどマジック舐めすぎやろ

*

CAPTCHA