【スポンサーリンク】

フレッド・バンブリートがスコッティ・バーンズについて「美しい蝶に羽化するかは彼次第」

フレッド・バンブリートがスコッティ・バーンズについて「美しい蝶に羽化するかは彼次第」

昨季ルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いたトロント・ラプターズのスコッティ・バーンズには、NBAキャリア2年目となる今季さらなる成長が期待されている。

だが、ここまでのところは安定したパフォーマンスを見せることができず、ラプターズも13勝18敗、イースタン・カンファレンス10位と十分な成績を残すことができていない。

NBAオールスターポイントガードのフレッド・バンブリートによると、バーンズがNBAスターになれるか否かは彼の努力次第だという。

バンブリートはバーンズについて次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

君たちは彼が美しい蝶に羽化するのを待っていると思う。

だが、それは彼次第だ。

僕たちの仕事は彼をサポートし、彼に真実を伝え、彼に責任を持たせることだ。

ただ、彼が素晴らしいプレイをしていれば僕たちも嬉しいし、彼がひどいプレイをしたとしても僕たちがついている。

外野のノイズはノイズでしかないんだ。

彼はとんでもない選手だ。

だからこそ、彼には大きな期待が寄せられている。

だが、彼にとっては良いことさ。

浮き沈みもあるだろうし、試練もあるだろう。

しかし、それを乗り越え、逆境に立ち向かっていかなければならないんだ。

バーンズはプレイするエリアがパスカル・シアカムと近いため、シアカムとの相性問題も指摘されている。

だが、解決方法を見つけ、ラプターズの勝利に貢献しなければならないだろう。

果たしてバーンズは自身のフォームを見つけ、ラプターズを勝利に導くNBAスターに成長することができるだろうか?

なお、バーンズの昨季と今季のスタッツは以下の通りとなっている。

2021-222022-23
出場試合数7428
平均出場時間35.433.6
平均得点15.314.6
平均リバウンド7.56.6
平均アシスト3.54.6
平均スティール1.10.8
平均ターンオーバー1.82.4
FG成功率49.2%44.9%
3P成功率30.1%31.6%
フリースロー成功率73.5%75.0%

【スポンサーリンク】

コメントを残す