【スポンサーリンク】

ニックスがタンパリングにより2025年NBAドラフト指名権を没収される

ニックスがタンパリングにより2025年NBAドラフト指名権を没収される

ニューヨーク・ニックスはオフシーズン中にジェイレン・ブランソンと契約し、ポイントガードのポジションのアップグレードに成功した。

だが、ニックスはブランソンとのFA交渉にタンパリングの疑惑をかけられ、NBAは調査を開始。

その結果、NBAはニックスにタンパリングがあったと結論付けた模様。

RealGMによると、NBAはニックスに対し、タンパリングのペナルティーとして2025年のドラフト2巡目指名権を募集するという。

ニックスはブランソンとのFA交渉解禁日より前に、契約交渉を始めていたとされていた。

なお、ブランソンの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数31308
平均出場時間32.025.4
平均得点20.8
(キャリアハイ)
12.8
平均リバウンド3.23.1
平均アシスト6.2
(キャリアハイ)
4.0
平均スティール1.2
(キャリアハイ)
0.6
平均ターンオーバー2.01.4
FG成功率46.8%49.0%
3P成功率37.4%37.3%
フリースロー成功率89.0%
(キャリアハイ)
81.9%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    2順目取られても痛くもない上に、
    その年エントリーした選手が損するだけ。
    欠陥システムよな。

  2. By 匿名

    オールスター候補の26歳取れたならこんな先の2巡1枚取られた所でって感じがするのは自分だけか
    たびたびあるけど毎回処分がヌルい気する

コメントを残す