【スポンサーリンク】

スコッティ・ピッペン「レイカーズはオフェンスのウェイトをアンソニー・デイビスに置かないと」

スコッティ・ピッペン「レイカーズはオフェンスのウェイトをアンソニー・デイビスに置かないと」

昨年夏のトレードでアンソニー・デイビスを獲得したロサンゼルス・レイカーズは、NBAを代表するスーパースターのレブロン・ジェイムスとデイビスが牽引するチームに生まれ変わった。

だが、レイカーズを実質的に牽引しているのはジェイムスと言っても過言ではないだろう。

35歳という年齢にもかかわらずNBAトップクラスのパフォーマンスを見せ、今季はMVP最有力候補のひとりに挙がっているジェイムス。

しかし、NBAレジェンドのスコッティ・ピッペンによると、レイカーズはオフェンスの手綱をデイビスに持たせるべきだという。

ピッペンにはジェイムスとデイビスについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

レブロン・ジェイムスが過去20年間にわたってプレイしていることを我々は分かっているし、彼がロサンゼルス・レイカーズを牽引する男にはならないということを分かっている。

今季、レイカーズがどこかに行こうとしているのであれば、オフェンスのウェイトをADに置くべきじゃないかな。

ディフェンスでも彼をアンカーにすべきだと思う。

そう話すピッペンだが、ジェイムスが牽引する今季のレイカーズはウェスタン・カンファレンストップの成績を記録しており、NBAチャンピオンになる可能性は十二分にある。

指揮官のフランク・ボーゲルHCをはじめとしたレイカーズのコーチ陣が、成功している現状を変えることはないだろう。

とはいえ、ジェイムスはキャリア終盤に来ているということもあり、シフトを徐々にデイビスに移していったほうが良いかもしれない。

なお、ジェイムスとデイビスの今季のスタッツは以下の通りとなっている。

レブロン・ジェイムスアンソニー・デイビス
出場試合数6055
平均出場時間34.934.3
平均得点25.726.7
平均リバウンド7.99.4
平均アシスト10.6(キャリアハイ)3.1
平均スティール1.21.5
平均ブロックショット0.52.4
平均ターンオーバー4.02.5
FG成功率49.8%51.1%
3P成功率34.9%33.5%
フリースロー成功率69.7%84.5%(キャリアハイ)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA