【スポンサーリンク】

チャウンシー・ビラップス「2004年のレイカーズは我々をスウィープすべきだった」

チャウンシー・ビラップス「2004年のレイカーズは我々をスウィープすべきだった」

2003年に経験と実績あるベテランのカール・マローンとゲイリー・ペイトンを獲得したロサンゼルス・レイカーズは、史上最強のチームとも呼ばれていた。

コービー・ブライアントとシャキール・オニールを中心とし、チャンピオン最有力候補だったレイカーズ。

だが、NBAファイナルには進出したものの、デトロイト・ピストンズに1勝4敗で完敗してしまった。

ファイナルMVPに輝いたチャウンシー・ビラップスによると、知名度ではレイカーズが圧倒的に上だったという。

ビラップスは当時を振り返り、次のようにコメント。Bleacher Reportが伝えている。

名前を見るなら、彼らは我々をスウィープすべきだった。

本当にそう思うよ。

彼らに対する我々のスタイルは優れていた。

レギュラーシーズン中の対戦においてもだ。

(ファイナルで勝つことができて)嬉しかったよ。

なぜなら、レイカーズが我々に勝てるわけがないと思っていたからね。

この後、ブライアントとオニールの不和が表面化し、レイカーズ王朝は解体を強いられることになった。

前評判が高かったレイカーズをファイナルという大舞台で下せたことは、ピストンズの選手たちにとって大きな自信になったことだろう。

なお、ピストンズは翌シーズンもNBAファイナルに進出。

だが、グレッグ・ポポビッチHC指揮するサンアントニオ・スパーズに敗れると、その後3年連続でカンファレンスファイナルに進出したものの、ファイナルには進出できなかった。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA