【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーン「隔離状況ならレブロン・ジェイムスがいるチームにアドバンテージがある」

今季のNBAチャンピオン最有力候補に挙がっているのは、レブロン・ジェイムスとアンソニー・デイビス擁するロサンゼルス・レイカーズだ。

だが、今季トップの成績を誇るミルウォーキー・バックスや、ポール・ジョージとカワイ・レナード擁するロサンゼルス・クリッパーズも外せない。

そんな中、ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンが今季のNBAチャンピオンを予想した模様。

グリーンによると、通常のシーズンであればクリッパーズ推しだったが、隔離状況でのシーズンではレイカーズに分があるという。グリーンのコメントをNBC Sportsが伝えている。

僕はシーズンに入ってからずっとクリッパーズをお気に入りとして挙げていた。

カワイ、ポール・ジョージ、マーカス・モリスはサイズがあり、どんなことでもできる。

どのチームが相手でもうまくマッチアップできる。

それにシューティングもあるよね。

モントレズ・ハレルも外せない。

彼らには優勝に必要なすべてが揃っているんだ。

ただ、隔離状況を踏まえると、僕のお気に入りはレイカーズ。

なぜなら彼らにはレブロンがいるし、彼はどんな状況にもアジャストできるからね。

彼は僕たちがこれまでNBAで見てきた中で最も規律ある選手だし、隔離状況においてはそれが重要になるだろう。

隔離状況に突入するにあたり、チームにレブロンがいることはわずかながらアドバンテージになるんだ。

グリーンはこれまで何度もジェイムスと対戦しているため、ジェイムスの強靭さを理解しているだろう。

レイカーズのゼネラルマネージャーであるロブ・ペリンカは、オーランドでのシーズンについて「フィジカルよりメンタルを試される」としている。

タフなスケジュールを強いられるため、35歳のジェイムスの疲労蓄積が気になるところではあるが、鋼のメンタルでレイカーズを牽引してもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA