【スポンサーリンク】

デイミアン・リラード「高校時代のコーチにNBAの夢を笑われた」

ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードは、NBAを代表するスーパースターのひとりだ。

オーランドで再開したNBAシーズンでは圧倒的なパフォーマンスを見せ、シードゲームMVPに選出されたリラード。

誰が相手でも決して屈することなく、常に強気な姿勢を貫いているリラードだが、過去の悔しい思いをモチベーションのひとつにしているようだ。

clutchpoints.comによると、リラードはドレイモンド・グリーンと共にインタビューに応じた際、「NBAでプレイするのが僕の夢だ」と高校時代のコーチに語ったところ、コーチに笑われてしまったという。

https://twitter.com/BleacherReport/status/1309976041901846528

高校時代のリラードは決して有名なプレイヤーではなかったが、ウィーバー州立大学時代にメキメキと頭角を現すと、高校のコーチに笑われた6年後にドラフト6位でNBA入り。

この時点でリラードの夢のひとつは叶ったわけだが、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、将来を嘱望されたスーパースター候補となると、その後のNBAキャリアは知っての通りだ。

高校のコーチにNBA入りの夢を笑われた後、リラードはとてつもない努力をしたことだろう。

つまり、その出来事があったからこそ今のリラードがあるのかもしれない。

なお、リラードの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツキャリアスタッツ
出場試合数66615
平均出場時間37.536.4
平均得点30.024.2
平均リバウンド4.34.2
平均アシスト8.06.5
平均スティール1.11.0
平均ターンオーバー2.92.8
FG成功率46.3%43.7%
3P成功率40.1%37.3%
フリースロー成功率88.8%88.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA