【スポンサーリンク】

ルー・ウィリアムス「この結果を受け入れて前に進む」

NBAチャンピオン最有力候補の1チームだったロサンゼルス・クリッパーズが、カンファレンスセミファイナルで姿を消すこととなった。

クリッパーズはデンバー・ナゲッツとのカンファレンスセミファイナルを3勝1敗とリードしていたものの、ナゲッツに3連勝を許し、まさかの敗退。

今季のクリッパーズはシーズンを通してケミストリーに問題を抱えており、プレイオフでもそれが表れてしまったと言えるだろう。

この結果を受け、シックスマンのルー・ウィリアムスは次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

僕たちはチャンピオンシップを期待していた。

それだけのタレントが揃っていた。

ただ、それができるだけのケミストリーがあったのは思わないし、それが表れてしまったと思う。

ディフェンスとオフェンスにミスがあった。

多くの選手たちが調整を強いられた。

それが表れてしまった。

それでも3勝1敗までいった。

そこで終わらせなければならなかったんだ。

デンバーは素晴らしかったよ。

僕たちはこの結果を受け入れ、前に進み続けるんだ。

NBAシーズン中前までポール・ジョージとカワイ・レナードは万全な状況ではなかったため、ロードマネジメントが適用されていた。

また、オーランドではモントレズ・ハレルが身内の不幸で遅れて合流、ウィリアムスも身内の不幸で一時離脱するなど、全員揃って調整する機会を得られないままプレイオフに突入した。

今季の結果をクリッパーズがどう受け止め、来季にどうつなげていくのか注目したいところだ。

なお、クリッパーズはバッファロー・ブレーブス時代も含め、カンファレンスファイナルに一度も進出したことがない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA