【スポンサーリンク】

NBA復帰を望むラリー・サンダース「まだ若いし貢献できる」

2010年のNBAドラフト15位指名でミルウォーキー・バックスに入団したラリー・サンダースは、リーグトップクラスのリムプロテクターとして存在感を放っていた。

だが素行不良が問題となり、2014-15シーズン中に解雇。

2016-17シーズンにクリーブランド・キャバリアーズの一員としてNBAに復帰したものの、わずか5試合の出場にとどまり、解雇された。

以降はNBAから離れているサンダースだが、今もNBA復帰を望んでおり、チームの勝利に貢献できると信じているという。

31歳のサンダースは自身について次のようにコメント。tmz.comが伝えている。

僕はまだ若いし、全盛期にあると思う。

間違いなく貢献できる。

チームとチームの勝利に貢献し、僕の知識を与え、ディフェンスで存在感を発揮し、バスケットボールをプレイできるようになりたい。

それが僕の理想さ。

天国のように聞こえるよ。

サンダースによると、バスケットボールから離れている間はスプレー大麻の会社で働き、素晴らしいライフスタイルを実現できているという。

NBAゲームはここ数年で大きく変わり、ビッグマンにもアウトサイドショットが求められるようになった。

サンダースはオールドスクールのセンタープレイヤーであり、またNBAから長く離れていることが懸念事項となるだろうが、NBA復帰へ向けて前進し続けてるだろう。

なお、サンダースのキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

キャリアスタッツ
出場試合数238
平均出場時間19.5
平均得点6.4
平均リバウンド5.7
平均アシスト0.7
平均スティール0.6
平均ブロックショット1.8
平均ターンオーバー0.9
FG成功率48.0%
フリースロー成功率55.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA