【スポンサーリンク】

キャブスがドラフト5位指名権をトレード?

キャブスがドラフト5位指名権をトレード?

NBAスーパースターのレブロン・ジェイムスがロサンゼルス・レイカーズへ移籍して以降、クリーブランド・キャバリアーズは難しい時間を強いられている。

ここ数年のNBAドラフトでコリン・セクストン、ダリアス・ガーランド、ケビン・ポーターJrといった若手有望株を獲得したものの、プレイオフ復帰への道筋が見えてこないキャブス。

つまり、NBAプレイオフに復帰するにはスタープレイヤーのパワーが不可欠と言えるだろう。

そのためには今年のドラフト5位指名権を手放す用意があるのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、キャブスはドラフト5位指名権を行使するより、トレードで放出して即戦力を獲得することに重きを置いているという。

キャブスがトレードによる獲得を狙っていると噂されているのは、シカゴ・ブルズのザック・ラビーン、クリス・ダン、ラウリ・マルケネン、インディアナ・ペイサーズのマイルズ・ターナー、ドマンタス・サボニス、ビクター・オラディポ、サクラメント・キングスのバディ・ヒールドだ。

今年のNBAドラフトは例年と比較してスーパースター候補生が少ないと評価されているため、ドラフト5位指名権のトレードは妥当と言えるかもしれない。

果たして来季のキャブスはNBAプレイオフに復帰できるのだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA