【スポンサーリンク】

ウォリアーズのロン・アダムスAC「アンドリュー・ウィギンスはスタープレイヤー」

シーズン中のトレードでミネソタ・ティンバーウルブズからゴールデンステイト・ウォリアーズに移籍したアンドリュー・ウィギンスには、ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンと共にチームをタイトル奪還に導く働きが期待されている。

これまでウォリアーズのタイトル獲得に貢献したハリソン・バーンズやケビン・デュラントのようなオールラウンドな働きが求められることになるだろう。

ウォリアーズのアシスタントコーチを務めるロン・アダムスもそれを期待し、高いポテンシャルを感じている模様。

アダムスACはウィギンスについて次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

彼は本当に、本当に優れたオールラウンドプレイヤーだ。

特にディフェンスが素晴らしい。

我々のプログラムに彼を入れることができて嬉しかったよ。

私は彼のことをスタープレイヤーだと思っている。

彼のシューティングは成長するだろうね。

だが、私が個人的に非常に嬉しく思っているのは、彼は持って生まれたオールラウンダーであり、スコアリングがあるということだ。

今季のウォリアーズは主力陣の長期離脱により厳しい戦いを余儀なくされた。

来季はフルメンバーで戦える見込みであり、ウィギンスにはカリーとトンプソンをサポートする役割も求められるだろう。

元ドラフト1位プレイヤーであるものの、なかなか高評価を得ることができずにいたウィギンスだが、ウォリアーズで開花し、次のステージに進んでもらいたいところだ。

なお、ウォリアーズ移籍後のウィギンスは12試合に出場し、平均33.6分のプレイで19.4得点、4.6リバウンド、3.6アシスト、1.3スティール、1.4ブロックショット、FG成功率45.7%、3P成功率33.9%を記録。

キャリアではレギュラーシーズン通算454試合に出場し、平均35.8分のプレイで19.7得点、4.4リバウンド、2.3アシスト、1.0スティール、0.6ブロックショット、FG成功率44.1%、3P成功率33.2%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA