【スポンサーリンク】

ジェフ・ティーグ トレードでホークス移籍

ミネソタ・ティンバーウルブズとアトランタ・ホークスの間でトレードが敢行された模様。

ESPNの記者によると、このトレードでジェフ・ティーグとトレベオン・グラハムがホークスへ、アレン・クラブがウルブズへ移籍するという。

ティーグはトレイ・ヤングのバックアップとしてプレイする見込みだ。

ティーグにとって、ホークスは長年プレイした古巣でもある。

オールスターポイントガードとしてホークスを牽引した経験は、ヤングに伝えられることになるだろう。

なお、ティーグの契約は今季で満了となり、今年夏にFAになる。

今季のティーグは34試合に出場し、平均27.8分のプレイで13.2得点、2.6リバウンド、6.1アシスト、0.7スティール、FG成功率44.8%、3P成功率37.9%を記録。

キャリアを通してホークス、インディアナ・ペイサーズ、ウルブズでレギュラーシーズン通算746試合に出場し、平均27.7分のプレイで12.7得点、2.5リバウンド、5.8アシスト、1.2スティール、FG成功率44.6%、3P成功率35.7%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA