【スポンサーリンク】

ディオン・ウェイターズがレブロン・ジェイムスとの過去の関係悪化説を否定

ディオン・ウェイターズがレブロン・ジェイムスとの過去の関係悪化説を否定

2012年のNBAドラフト4位指名でクリーブランド・キャバリアーズに入団したディオン・ウェイターズは、チームの未来を担う選手のひとりとして期待されていた。

だが、レブロン・ジェイムスがキャブスに復帰した2014-15シーズン、キャリア3年目を迎えていたウェイターズはトレードでオクラホマシティ・サンダーへ移籍。

ジェイムスとチームメイトとしてプレイしたのはわずか半年だったが、当時はジェイムスとの関係悪化が噂され、トレードにつながったとも報じられていた。

だが、レイカーズでジェイムスと再開したウェイターズがキャブス時代の関係悪化の噂を否定した模様。

ウェイターズはジェイムスとの関係について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

レブロンが初めてあの場所に来た時のことを人々は知らないよね。

彼は僕の面倒を見てくれた。

毎日一緒にいたんだ。

あの場所であった多くのことが必ずしも真実とは限らない。

メディアはそういうのものさ。

僕は気にしていない。

いくつか(報道を)見たけれど、ほとんど見ていないよ。

僕は気にしていないけれど、少し年をとった。

父親になった。

3人の美しい子どもたちがいる。

以前より少し賢くなった。

僕たちの間には常にバイブスがあり、絆があった。

会うたびに互いの愛を感じていたんだ。

レイカーズに加わったウェイターズにはベンチスコアラーとしての働きが期待されている。

現時点ではスクリメッジ2試合に出場し、まずまずの結果を残していると言えるだろう。

かつての噂を払拭するためにも、ジェイムスと共にレイカーズをNBAチャンピオンに導いてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA