【スポンサーリンク】

ロンゾ・ボール エージェントをクラッチスポーツに変更?

ニューオーリンズ・ペリカンズのロンゾ・ボールは、トレードでロサンゼルス・レイカーズを離れる前の昨年4月、長年のエージェントと決別し、クリエイティブ・アーティスツ・エージェンシー(CAA)と契約した。

それからまだ1年も経っていないが、すでに次のエージェントを探している模様。

clutchpoints.comによると、ボールはCAAとのエージェント契約を解消し、リッチ・ポール率いるクラッチスポーツと新たに契約する見込みだという。

CAAでボールのエージェントを担当していたのはレオン・ローズだった。

だが、ローズは先日、ニューヨーク・ニックスのバスケットボールオペレーション部門代表に就任。

これが影響し、ボールはCAAとの関係解消を決断したと思われる。

数々のスタープレイヤーを顧客に持つクラッチスポーツとのエージェント契約をきっかけに、ボールのキャリアがさらに素晴らしいものになることを願いたい。

なお、今季のボールは56試合に出場し、平均32.4分のプレイで12.4得点(キャリアハイ)、6.2リバウンド、7.0アシスト、1.4スティール(キャリアワースト)、FG成功率41.2%(キャリアハイ)、3P成功率38.3%(キャリアハイ)、フリースロー成功率56.7%(キャリアハイ)を記録。

キャリアを通してレイカーズとペリカンズでレギュラーシーズン通算155試合に出場し、平均32.4分のプレイで10.9得点、6.2リバウンド、6.6アシスト、1.5スティール、FG成功率39.3%、3P成功率34.3%、フリースロー成功率48.4%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA