【スポンサーリンク】

カイル・クーズマ「チャンピオンシップバスケを学んでるところ」

ロサンゼルス・レイカーズのカイル・クーズマは今季開幕前、「チームのビッグ3のひとりになれる」とし、レブロン・ジェイムス・アンソンー・デイビスとともにレイカーズを牽引する覚悟を語っていた。

だが、怪我で出遅れたクーズマはなかなかショットタッチを掴むことができず、最近はファンからブーイングされることも。

そのクーズマが自身の状況について語った模様。

クーズマによると、今は「チャンピオンシップバスケットボール」を学んでいる最中だという。クーズマのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

「俺の学びは、ある意味かなり加速してる。今の俺たちはチャンピオンシップバスケットボールのようなプレイをしてるよね。このチームに自分の方法を見つけようとしてる若手は多くない。つまり、俺はこのリーグで自分の道を見つけようとしてるところ。チャンピオンシップバスケットボールのプレイを学んでるところさ」

クーズマによると、スコアリングが求められる時はスコアリングに専念するも、スコアリング以外で貢献できる方法を模索しているという。

安定しないパフォーマンスが続き、最近ではトレードの噂も出ているクーズマ。

ブーイングではなく声援を送られるためにも、学びをさらに加速させ、コートで体現したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA