【スポンサーリンク】

マーカス・モリス カイリー・アービングの昨季は「失敗だったとは言わない」

マーカス・モリス カイリー・アービングの昨季は「失敗だったとは言わない」

オールスターポイントガードのカイリー・アービングはボストン・セルティックスで過ごした昨季、リーダーを務めることの難しさを口にしていた。

アービング率いるセルティックスは期待外れの結果に終わると、この夏にアービングやアル・ホーフォード、テリー・ロジールなど主力プレイヤーたちが他チームに移籍。

アービングのリーダーシップは失敗だったという声もある中、セルティックスで2年間を過ごした後にニューヨーク・ニックスへ移籍したマーカス・モリスがリーダーの難しさを語った模様。

アービングのリーダーシップが失敗だったかと質問されたモリスは次のように返答。sny.tvが伝えている。

「失敗という言葉は使わない。失敗とは言いたくない。時として難しい。彼は必至にやろうとしてたと思う。だから失敗という言葉は使わない。彼はできないこともあったし、リーダーの大きさがどれほどなのか忘れてしまうことがあった。忘れてしまったことがあったと思う。リーダーの場合、外野でのことが我々のチームに影響を及ぼし得るんだ」

「Ky(アービング)のことは大好きだよ。Kyとは素晴らしい仲だった。俺と彼は本当に良い友人だった。現在進行中のことについて、俺たちはたくさん話をした。俺たちの間に問題が起きたことは一度もない」

アービングにとって、セルティックスでの経験はとてつもなく大きいものであっただろう。

今季からリーダーとしてネッツを牽引しているアービング。

セルティックスでの経験を活かし、素晴らしいリーダーシップを発揮するに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA