【スポンサーリンク】

現地3月3日までにトレードできないNBA選手は?

NBA2020-21シーズンはイレギュラーなスケジュールとなるため、トレードデッドラインも現地3月25日に変更された。

FAとして契約したNBA選手の多くは現地2月6日までトレードすることができないが、中には同3月3日までトレードできないFA選手もいる。

hoopsrumors.comによると、昨季と同じチームと契約し、かつ20%以上のサラリーアップなど特定の条件を満たしたNBA選手は現地3月3日までトレードできないという。

そのため、以下に挙げるNBA選手のトレード獲得を狙う場合、トレードできない期間も把握して置かなければならないだろう。

特にジェイムス・ハーデンのトレードが噂されているヒューストン・ロケッツは、トレードできないNBA選手のリストを睨みながら計画を立てることになりそうだ。

現地3月3日までにトレードできない各NBAチームの選手

選手名所属チーム
ジョー・ハリスブルックリン・ネッツ
デンゼル・バレンタインシカゴ・ブルズ
ケンテイビアス・コールドウェル・ポープロサンゼルス・レイカーズ
アンソニー・デイビスロサンゼルス・レイカーズ
ディアンソニー・メルトンメンフィス・グリズリーズ
パット・コナートンミルウォーキー・バックス
マリク・ビーズリーミネソタ・ティンバーウルブズ
ファン・エルナンゴメスミネソタ・ティンバーウルブズ
ブランドン・イングラムニューオーリンズ・ペリカンズ
マイケル・カーター・ウィリアムスオーランド・マジック
ジェボン・カーターフェニックス・サンズ
ダリオ・サリッチフェニックス・サンズ
ロドニー・フッドポートランド・トレイルブレイザーズ
ヤコブ・ポートルサンアントニオ・スパーズ
クリス・ブーシェトロント・ラプターズ
フレッド・バンブリートトロント・ラプターズ
ダービス・バータンズワシントン・ウィザーズ

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA