【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス「2011年のNFLのトライアウトを検討した」

レブロン・ジェイムス「2011年のNFLのトライアウトを検討した」

NBAを代表するスーパースターのレブロン・ジェイムスは、高校時代にフットボールのスター選手でもあった。

複数の大学フットボールチームからオファーが届いたものの、バスケットボールに専念することを決断したジェイムスは、2003年のNBAドラフト1位でクリーブランド・キャバリアーズに入団。

その後のNBAキャリアは皆が知っての通りだ。

そのジェイムスが、マイアミ・ヒートに所属していた2011年にNFLのトライアウトを受けることを検討したことを明かした。

ジェイムスによると、ロックアウトが決まった2011-12シーズン前にダラス・カウボーイズとシアトル・シーホークスのオーナーからトライアウトの招待状が届いたという。ジェイムスのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

僕はチームに入っていただろう。

トライアウトを受けただろうが、チームに入っただろう。

僕は何かのために働くことをいとわない。

もしカウボーイズかシーホークスのトライアウトを受けなければならなかったら、もし(ロックアウトで)家にとどまり続けなければならなかったら、僕はトライアウトを受け、チームに入っていただろう。

僕はフットボールフィールドで僕にできることを分かっている。

得に当時の年齢ならね。

NFLのトライアウトを断念し、ヒートでのシーズンに専念したジェイムスは、NBAキャリア初となるチャンピオンリングを獲得した。

もしジェイムスがNFL入りしていたら、よりマイケル・ジョーダンに近いNBAキャリアを送っていたのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA