【スポンサーリンク】

エリック・ゴードンがトレードのジェイムス・ハーデンについて「僕たちを軽視していたわけではない」

エリック・ゴードンがトレードのジェイムス・ハーデンについて「僕たちを軽視していたわけではない」

ヒューストン・ロケッツは現地13日、元MVPのジェイムス・ハーデンをトレードで放出した。

ハーデンがトレードを要求してから不安定な状況が続いていたロケッツにとって、ハーデンのトレードはチームが一丸となるきっかけともなるだろう。

そんな中、ハーデンと共にロケッツを牽引し続けてきたエリック・ゴードンが、ハーデンのトレードについて言及した模様。

ゴードンによると、ハーデンはただ状況の変化を望んでトレードを要求したという。ハーデンのコメントをESPNが伝えている。

彼(ハーデン)がここにいたくないということは、昨年夏から、シーズン開幕の時から分かっていたことだ。

(ハーデンのトレードは)僕たちにとって正しい方向に進むチャンスになったと思う。

チームの全員が彼の状況を気にせず、集中できるようになった。

僕たちはただ前に進んでいくだけさ。

僕は彼のことを個人的に知っているが、彼は僕たちを軽視していたわけではないと思っている。

僕が思っていることだけれどね。

彼はただ異なる状況を求めていたんじゃないかな。

彼はそういうことを示していたし、言葉にもしていたよね。

選手たちを軽視したわけではないと思う。

ただここを去りたくて、そうしたんだ。

ハーデンの学生時代のコーチは先日、「彼はただ勝利の環境を求めている」とし、批判が集中していたハーデンを擁護した。

ハーデンと長く過ごしてきたゴードンも、そう感じていたのだろう。

ハーデンを失ったロケッツは現地14日にサンアントニオ・スパーズと対戦し、ジョン・ウォールとゴードンは欠場したものの、4点差で勝利した。

ハーデンのトレードをきっかけにチーム全員が一丸となるであろうロケッツには、ここからの巻き返しを期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA