【スポンサーリンク】

38得点のカイリー・アービング「ファーストオプション、セカンドオプション、サードオプションは関係ない」

38得点のカイリー・アービング「ファーストオプション、セカンドオプション、サードオプションは関係ない」

ブルックリン・ネッツはNBAオールスターフォワードのケビン・デュラント離脱後の4試合をすべて落としていた。

だがその後、カイリー・アービングの活躍もあり2連勝。

現地25日には昨季NBA王者ゴールデンステイト・ウォリアーズに勝利し、デュラント不在の影響を感じさせない戦いを見せたネッツだが、アービングによると、今のネッツはアービングだけが牽引しているチームではないという。

アービングはネッツについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

僕は君たち(メディア)にこう伝えた。

ファーストオプション、もしくはセカンドオプション、もしくはメインの選手となるプレッシャーを自分自身にかけているとね。

これはホームにいる全員へのメッセージだ。

ファーストオプション、セカンドオプション、サードオプション、僕にとってそんなものは関係ない。

チームスポーツの目的は勝つことであり、ひとりの人間が毎晩全員を牽引することではないんだ。

この日はウォリアーズに一時17点のリードを許したものの、アービングを中心として逆転。

アービングがリーダーとしてネッツを牽引しているのは間違いないだろうが、ウォリアーズ戦ではニコラス・クラクストンが24得点、15リバウンド、ロイス・オニールが4本の3ポイントを含む16得点、ジョー・ハリスが4本の3ポイントを含む14得点、セス・カリーが12得点、その他出場した全員が得点を記録し、勝利に貢献した。

アービングはここ3試合で平均38.7得点、8.3リバウンド、7.3アシスト、FG成功率52.7%、3P成功率50.0%を記録しているものの、ネッツはアービングに頼らず、チーム一丸となって勝利を狙うに違いない。

なお、アービングのウォリアーズ戦のスタッツは以下の通りとなっている。

ウォリアーズ戦
出場時間39:47
得点38
リバウンド7
アシスト9
スティール0
ブロックショット0
ターンオーバー1
FG成功率54.5%
(12/22)
3P成功率71.4%
(5/7)
フリースロー成功率100%
(9/9)
+/-+22

【スポンサーリンク】

コメントを残す