【スポンサーリンク】

ディアーロン・フォックスがバブルについて「二度とやりたくない」

ディアーロン・フォックスがバブルについて「二度とやりたくない」

NBAは昨季、オーランドでバブルを構築し、外部との接触を可能な限り断ったうえでシーズンを再開させた。

ホテル生活を強いられた選手やコーチたちからは、「まるで牢獄にいるかのよう」という悲観的な声があれば、「移動がないため身体のケアに時間を使える」というポジティブな声もあった。

サクラメント・キングスのディアーロン・フォックスによると、バブルでシーズンを再開させたNBAに感謝しているものの、バブルでの生活は二度と経験したくないという。

フォックスはオーランドのバブルを振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

ひどい経験だった。

僕は二度とやりたくないね。

まったく異なる試合だった。

プレイできるようになったが、ファンはいなかった。

ファンからのエネルギーをもらえなかった。

自分自身でエネルギーを産み出さなければならなかった。

基本的には、朝8時に体育館でプレイするAAUのような感じさ。

プレイする準備をして体育館に行かなければならない。

誰も助けてくれない。

NBAは今季、独自の健康と安全プロトコルを設けてシーズンを運営しているが、ここ最近はプロトコル下に入る選手やスタッフが続出しており、試合延期を余儀なくされている。

このような状況を受け、「バブルで行うべきでは?」という声が聞こえ始めている。

一方、NBAコミッショナーのアダム・シルバーは、「現時点でバブルの計画はない」としているため、しばらくは状況を睨みながらの運営となりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA