【スポンサーリンク】

ブランドン・イングラムがレイカーズ時代について「居心地が悪かった」

ブランドン・イングラムがレイカーズ時代について「居心地が悪かった」

2016年のNBAドラフト2位でロサンゼルス・レイカーズに入団したブランドン・イングラムには、レイカーズをタイトルコンテンダーに復活させるスーパースターへの成長が期待されていた。

NBAレジェンドであるコービー・ブライアントの後継者とも評価され、名門レイカーズの期待を一身に背負っていたイングラム。

だが、あまりに大きな期待はイングラムにとって強大なプレッシャーとなってしまっていたのかもしれない。

イングラムによると、レイカーズでの時間はずっと居心地が悪かったという。イングラムのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

間違いなく居心地が悪かった。

違和感があった。

何に足を踏み入れているのか分からなかった。

レイカーズに行くと、まるで世界がやって来たような感じだったんだ。

僕のソーシャルメディアは爆発し始めた。

僕はソーシャルメディアを楽しんでいたが、現実に足を踏み入れなくてはならなくなったんだ。

小さな町で育ったイングラムによると、若くしてNBAに入ることは簡単ではないという。

イングラムはNBAキャリア3年をレイカーズで過ごした後、アンソニー・デイビスを含むトレードでニューオーリンズ・ペリカンズに移籍。

するとプレッシャーから解放されたのか、スーパースターへの階段を着実に上がっている。

古巣レイカーズは昨季、フランチャイズ10年ぶりとなるNBAチャンピオンに輝いたが、イングラムにもいつの日かペリカンズをNBAチャンピオンに導いてもらいたい。

なお、イングラムのレイカーズでのスタッツとペリカンズでのスタッツは以下の通りとなっている。

レイカーズペリカンズ
出場試合数19065
平均出場時間31.734.1
平均得点13.924.0
平均リバウンド4.76.2
平均アシスト2.94.3
平均スティール0.61.0
平均ターンオーバー2.13.1
FG成功率45.8%46.1%
3P成功率32.9%39.5%
フリースロー成功率66.2%84.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA