【スポンサーリンク】

ニックスがジェイレン・ブランソン獲得レースに有利な理由とは?

ニックスがジェイレン・ブランソン獲得レースに有利な理由とは?

NBAプレイオフ進出を逃したニューヨーク・ニックスは、この夏にダラス・マーベリックスのジェイレン・ブランソン獲得を狙うと見られている。

ニックスの球団社長を務めるレオン・ローズはブランソンの元エージェントであり、ニックスは先日、ブランソンの父をアシスタントコーチとして起用するなど、ブランソンとのつながりは強い。

だが、ニックスとブランソンのつながりはそれだけではないようだ。

The New York Postによると、ブランソンはイリノイ州で過ごした高校時代から元NBAオールスターポイントガードのデリック・ローズと絆を深めており、ローズもブランソンを高く評価しているという。

また、ブランソンの高校時代恩師は、ローズとブランソンの関係について次のように語っている。

ジェイレンはブルズの施設に行き、ブルズの選手たちと練習していた。

そこでデリック・ローズと良い友人になった。

だから、ニックスとのストーリーは深い。

デリックは当時のジェイレンをすごく、すごく良い選手として見ていたし、ジェイレンのバスケットボールのメンターになり始めたんだ。

ニックスはブランソンの大型契約をオファーするため、先日のトレードで元NBAオールスターポイントガードのケンバ・ウォーカーを放出した。

さらにキャム・レディッシュやアレック・バークスなどをトレードで放出し、キャップスペースに余裕を持たせると見られている。

果たしてニックスはブランソンを獲得し、NBAプレイオフに復帰することができるだろうか?

なお、ニックスはブランソンを獲得できなかった場合、インディアナ・ペイサーズのマルコム・ブログドン、同じくペイサーズのリッキー・ルビオ、サンアントニオ・スパーズのデジョンテ・マリー、メンフィス・グリズリーズのタイアス・ジョーンズ獲得を狙うと報じられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA