【スポンサーリンク】

アンソニー・デイビスが3Pシュートについて「1試合5本は狙うように言われている」

ロサンゼルス・レイカーズのフランチャイズ10年ぶりとなるNBAタイトル獲得に貢献したアンソニー・デイビス昨季、1試合あたり3.5本の3Pシュートアテンプトを記録した。

これはNBAキャリアハイの数字であり、成功率は33.0%にとどまったものの勝負どころに決めるなど、レイカーズにとって大きな武器になったと言えるだろう。

だが、今季5試合を終えた時点での3Pアテンプトは平均3.0本。

デイビスによると、これを5本に増やすようフランク・ボーゲルHCから言われているという。

デイビスは3Pシュートについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

いつもマイク(・ペンベルティAC)と練習しているんだ。

ゲーム中は気持ち良く撃っているし、ドリルでやっていることすべてをゲーム中もやっている。

コーチは僕に今季は少なくとも1試合5本、平均5本は撃つよう望んでいる。

これまでチャンスはたくさんあった。

パスしてしまうことが何度かあったが、撃たなければならなかったんだ。

1本や2本ミスしたからとといって、シュートを撃つという僕の思考プロセスに影響が及ぶことはない。

僕は撃ち続けなければならない。

それがチームを助けるだろうし、レブロン(・ジェイムス)やデニス(・シュルーダー)をオープンにすることができるからね。

指揮官のボーゲルHCによると、デイビスにはフロアスペーサーとしての役割も求めており、それが全員のステップアップにつながるという。

デイビスは今季、1試合あたり3本の3Pを放ち、成功率46.7%を記録している。

ボーゲルHCが求めるレベルにまだ届いていないが、これからのシーズンでリカバーしていくことになるだろう。

なお、デイビスの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数5533
平均出場時間33.234.5
平均得点22.624.0
平均リバウンド8.810.4
平均アシスト4.02.3
平均スティール1.01.4
平均ブロックショット0.42.4
平均ターンオーバー2.21.9
FG成功率53.5%51.6%
3P成功率46.7%32.1%
フリースロー成功率70.0%80.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA