【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーン「ロドニー・マグルーダーを恐れる人間はひとりもいない」

ドレイモンド・グリーン「ロドニー・マグルーダーを恐れる人間はひとりもいない」

デトロイト・ピストンズのロドニー・マグルーダーは先日のゴールデンステイト・ウォリアーズ戦が終わった後、ウォリアーズのベンチのほうにまっすぐ歩いていき、何やら文句を言っていた。

マグルーダーが何に腹を立てていたのかは明らかになっていないが、マグルーダーとウォリアーズの選手たちは一触即発の状態となり、コーチングスタッフたちによって制御されたという。

この件について、ドレイモンド・グリーンが言及した模様。

グリーンによると、マグルーダーに限らず多くのチームの選手たちがウォリアーズの選手たちを攻撃しているという。グリーンのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

ロドニー・マグルーダーはいつからタフガイになったんだ?

僕には分からない。

最近はリーグの全員がタフになっている。

クレイジーだ。

今季はタフガイたちをたくさん見てきた。

なぜなのか理解できない。

誰も何もやっていないのにね。

何かやりたいことがあるならやりなよ。

僕には分からない。

今日のリーグにはタフガイがあまりに多すぎる。

ただ、分かっていることがひとつある。

それは、ロドニー・マグルーダーを恐れる人間はひとりもいないということだ。

マグルーダーの身に何が起きたのかは分からないが、少なくとも遺恨を残すゲームになったと言えるだろう。

ウォリアーズとピストンズはシーズン後半に再び対戦する可能性があるが、その時は激しいバトルが繰り広げられることになりそうだ。

なお、解説者として試合に参加したクレイ・トンプソンは、マグルーダーについてこう指摘した。

この男はもうすぐリーグを離れることになるかもしれないね。

彼は怒り狂うだろう。

この男は自分が良い選手だとか、そんなことを言いたいのか?

ここから出て行け。

もう終わりだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA